すきなこときらいなこと

日常をそのまま

小さな私

 

生きづらい。

だからもうちょっと生きやすい風に思考をポジティブにと意識はしていた。

少しずつ。本当に少しずつ意識が塗り替えられていった。気がする。

でもやっぱりまだまだ生きづらくって。

 

 

最近依存心に見切りがつけたくて、それに関する文章を読んだりしていた。

何度も見たことがあるような文章なのに、なんだか今はすごく腑に落ちた。

 

 

まずは私は私を認めてあげてなかった。

それは自分の理想主義が起因しているのだけども。

そんなことは知識として分かっていたけど、認め方が分からなかった。

今までの無理矢理のポジティブの積み重ねだとか、今の恋人から受けている無意識の自分への刺激のおかげで
様々な言葉の捉え方が変わりはじめてる。

そんな中で私は認め方がやっと分かった気がする。

 

 

自分の中の小さい自分の本心がボロボロですごく頑張ってたことに気づいてあげられた。

だからイベントが起きるときは私の中の小さな私が暴れ出していた。

嫌だよーまた傷つくの嫌だよーって。泣いてた。大泣き。

でも私は成人しているから、黙れ。って知らず知らずにその子を押さえつけていた。
なんでそんなこともできないの?ゴミみたいな存在。って罵声を浴びせ続けてた。

小さな自分に気づけなくて。

 

つい数日前にその子にやっと気づいてあげられたけど
気づいた頃にはもうその子は傷だらけだった。

 

 

こんなに頑張ってたんだねって愛しくなった。
ごめんね、こんなことにボロボロになるまで私は小さな私を守ってあげられてなかった。

 

昨日、初めての人たちと会うときも、その前の数時間ずっとその子が嫌だー!怖いー!って暴れるからそうだねーってなだめてあげてた。
私が小さな私をなだめると不思議と落ち着いてくれる。
また数分したら暴れ出すから怖いよねー大丈夫だからね、私が守ってあげるからねって。伝えるとまた落ち着いてくれた。
何度もそれを繰り返してた。

 

 

やっぱり初めての人たちの中でうまくはやれなかった気はするけど、不思議といつもよりは少しだけ気にしなくなった。

小さな私はちょっと静かだったかな?笑